長期的な視野を持つ

不動産を所有するということは一種のステータスにもなりますし、利益を生み出す資産となることもあります。
さらに、住宅担保ローンを利用することもできるようになるので、収益物件でなくても汎用性が高い物件です。
家賃収入を目的として収益を上げることを考えるなら、短期的なニーズではなく長期的に安定したニーズがあるところを選んでおいた方が安心です。
エリアによって根強い人気を誇る物件も… Read more

タイミングがポイント

日本のどこかで常に売買が行われている不動産は、流動的な資産として認知されています。
収益物件ということになれば同じように資産活用をすることを考えて不動産探しをしている人もいますから、良い物件に出会って契約することも全てはタイミングです。
タイミングというと漠然としてあまり参考にならないかもしれませんが、時期によって不動産の売買が活発になるタイミングを狙うこともひとつです。
Read more

業者の選定

理想的な収益物件を見つける為に筆頭なことは、不動産情報をたくさん収集しておくことにあります。
ある程度求めている条件を絞ることによって、インターネットを使えば簡単に不動産の情報を検索できるようになるので収益物件は探しやすいです。
ただ、中にはインターネットで公開していない優良物件を不動産会社が持っているので、こうした情報を得る為に頼れる不動産会社を選定して仲介のサポートを受けること… Read more

ターゲットを絞る

不動産のニーズというのは、エリアや立地条件、そして街のイメージで支持される層が変わってきます。
例えば、大学などが近くにある沿線のエリアは学生層を中心とした人達に人気がありますし、公園や学区がいいエリアになると子供のいるファミリー層を中心とした人達に人気があります。
つまり、収益物件を購入する際は求められるターゲット層を絞ることが第一優先にあり、不動産の活用方法の基本となります。<… Read more

利回りだけではない

収益物件を見る際に注目されることは、不動産の利回り。
利回りというのは購入費用や経費から家賃などの収入を計算した時に、どれぐらいの利益率が見込めるか数字で表したものです。
利回りは表面利回りと実質利回りの2通りの数字がありますが、広告等には表面利回りが記載されていることが多く高いものが良いという認識があります。

不動産情報で見る利回りの平均はエリアにもよりますが6~8… Read more

立地とニーズが重要

住宅や店舗、事務所など色々な不動産があり収益物件も数多く売買されています。
これらの不動産を見る上で基本的に頭に入れておかないといけないことは、不動産の立地条件とニーズのバランスです。
不動産の価値は立地で決まると言っても過言ではないくらい、どの不動産でも重要視されているところです。
例えば、賃貸や分譲などの広告で「駅から徒歩◯分」と記載されているのは、公共の交通機関を利用… Read more

カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031