グラフ

先物取引を利用しよう|世界の動きがわかる

投資を成功させるためにも

PC

投資活動を行なおうと思っているなら専門家の力をかりる方がいいです。だからインベスター・ネットワークス株式会社のサービスを利用しましょう。そうすることで、理想通りの投資ができます。

もっと読む

海外FX業者のメリット

スーツ姿の男性

レバレッジ規制のない海外FX会社を利用される方が増えていますが、海外は詐欺まがいの会社もあるのでキャンペーンにつられることなく会社運営や事業規模などを勘案した上で口座開設する事をお勧めします。そこで国内はもとより世界的に評判の高いXM.comという会社の利用がいいでしょう。

もっと読む

商品のトレードが活発に

男の人

株式から商品への流れ

今年に入ってから世界の株式市場では、上値の重くなる展開が続いています。投資家の中では株式投資では儲けを出すことが難しくなっていることから、商品の先物取引に軸足を移す人が出てきています。最近の商品においては、原油や金がとくに注目を集めるようになっていて、先物取引を活発に行う投資家が増えています。商品としての原油は、去年から大きく下落してきていましたが、1バレル26ドルでダブルボトムを付けて反転をしてきています。今後も原油は上昇する可能性が高まっているため、先物取引では押し目買いにチャンスが広がっています。また、商品としての金は、世界景気の減速懸念から買われる動きが出ています。金においても先物取引では、買いポジションに妙味が出ています。

景気サイクルの転換も

世界の景気は7年以上に渡って、景気後退がない状況を保つことができていました。しかし、景気サイクルは7年から8年で転換することが多いため、そろそろ景気の後退リスクに備える必要が出ています。そうした意味でも今後の7年から8年は、株式市場よりも商品市場の方がパフォーマンスが良くなっていく可能性が高まっています。今後においては原油価格の急落の反動高が、ここ数年で起こってもおかしくないと考えます。去年からの原油価格の急落は、投機マネーによる売りが膨らんでいたことが一つの原因となっています。そのため、投機マネーの売りが止まることで、原油価格の巻き戻しが起こる可能性があります。また、金においては世界の景気の減速が強まってくるようだと、折にふれて買われることが起こると考えます。

海外業者の高レバレッジ

男の人

海外FX業者は国内の同様の規制が掛からない面があります。しかし、その反面として投資家の保護も十分でないことから、業者選びは慎重に行う必要が出てきます。なお、海外FX業者を利用するとレバレッジを高くすることが可能です。そのため、短期トレードでも十分な利益が出せます。

もっと読む